豊橋市 N様邸 【外壁塗装・シーリング工事・付帯塗装・ベランダ床塗装】 | 成尾塗装【豊橋】

toggle
ホーム > 施工事例 > 外壁・屋根塗装 > 豊橋市 N様邸 【外壁塗装・シーリング工事・付帯塗装・ベランダ床塗装】

豊橋市 N様邸 【外壁塗装・シーリング工事・付帯塗装・ベランダ床塗装】

2019-11-27

 

【施工内容】
外壁塗装・シーリング工事・付帯塗装・ベランダ床塗装

施工前の外壁の状態は、
外壁材が反っている箇所が数箇所至る所にありました。
サイディング壁を止める釘の補修跡が経年劣化により、
チョーキング現象を起こし、まだら模様になっている状態でした。
(チョーキング現象とは、建物を触った時に白い粉がつく状態)

 

外壁の反りの原因は、外壁目地シーリングの劣化により、
雨水が外壁材の側面に浸透し反ったと思われます。
だんだんと雨水が浸透するとか怖いですよね。

もう1つの理由は、外壁と軒の取り合い部の
シーリングが切れていたため、
雨風が強いとここからも雨水が入り込んだと
推測されます。

この外壁の対策としては、劣化していた外壁目地シーリングの
撤去打ち替え・軒の取り合い部のシーリングの増し打ち作業、
そして、もう1つ大事なサイディング壁の重ねの隙間です。
ここをシーリングするかしないかで完成した時の見栄え・
外壁材の寿命が大きく変わってきます。

どうせなら、見栄えを良くして
寿命も長い方が良いですよね。

塗装工事をしますと重ねの隙間が塗料で埋まったり
埋まらなかったりし中途半端な隙間が出来ることがあります。
毛細管現象を起こして雨水が外壁材の内側に侵入し、
せっかく外壁塗り替え工事をしたのにかえって
外壁材の寿命を縮めてしまう結果になってしまいます。

外壁塗り替え工事で一番大事なことは、実は下地作りなんですね。
成尾塗装では、下地をしっかり作り塗装工事をしていきます。

台風シーズンや、冬の強風の時期など気になる事ありましたら、お気軽にお問い合わせください。
成尾塗装では、外壁塗装・屋根塗装以外の事まで見積もり施工します。お気軽にご相談・ご連絡ください。
外注を使わない直施工ならではの、価格・技術・真心を提供します。
愛知県豊橋市・豊川市・田原市・蒲郡市と柔軟にお伺いいたします。
まずは、お気軽にお問い合わせください。
関連記事